f:id:buchineko_okawari:20170616013723j:plain

前回の記事の流れですが、ここのところ麺打ちにはまっています。基本的な道具はパスタマシンなのですが、とある筋から家庭用製麺機をお借りすることができて、家にあるうちに試せとばかりに、毎週末いろいろ麺を打ってみています。

家庭用製麺機について、詳しくはこのあたりの玉置さんの記事をご参照ください。

portal.nifty.com

自家製麺ブームが来ている最近のうちの、味付けのバリエーションを記録しておきます。

まいけるさん特製汁なし坦々麺

f:id:buchineko_okawari:20170525003820j:plain

最近、一押しなのが、まいけるさん(@__maicos__ )のレシピで作った汁なし坦々麺。詳しいレシピは以下をご参照ください。

sepio.tk

f:id:buchineko_okawari:20170525003750j:plain

最大のポイントであるタレは、ピーナツペーストが味の決め手ではないかと思う。濃厚ピリ辛で麺が進む味。

 

f:id:buchineko_okawari:20170525003805j:plain

トッピングのナッツは、クッキー用に買ってあったものをオーブンでローストして香ばしさを出しました。他のトッピングは、肉みそ、半熟味玉、青菜(本来はパクチー)と自家製の辣油など。

 

f:id:buchineko_okawari:20170525003834j:plain

これをぐるぐると混ぜて食べると、辛くて濃厚で香ばしくて最高!なのです。自家製麺だと小麦粉の旨みも加わってなおよし。

冷やし中華風まぜそば

f:id:buchineko_okawari:20170615022141j:plain

汁なし坦々麺のバリエーションがこちら。下に坦々麺のタレをしいて、自家製麺、鶏チャーシュー、野菜いろいろ(今回はトマトと茹でアスパラ)、半熟味玉、糸唐辛子をのせたもの。最後に自家製辣油をトッピングしてもいい。

スープを作らなくていいところと、麺なのに野菜がたくさん摂取できるところがよい。勝手に冷やし中華風まぜそばと呼んでいます。

 

f:id:buchineko_okawari:20170615022209j:plain

まぜそばなので混ぜて食べます。野菜があることをもってヘルシーと言っていいのか。食欲をそそる味付けで野菜も食べられるので、この先の暑い季節にもよさそうです。

鶏ラーメン

f:id:buchineko_okawari:20170615022126j:plain

割とスタンダードな鶏ラーメンも作りました。冷凍しておいた雉スープをベースに、鶏むね肉で作ったチャーシュー、半熟味玉、ほうれん草、海苔をトッピングにした、いわば習作。

buchineko-okawari.hatenablog.com

f:id:buchineko_okawari:20170615022156j:plain

家庭用製麺機で打った太めの麺がスープを吸っておいしいのでした。

中華味噌ラーメン

f:id:buchineko_okawari:20170615022010j:plain

さらに手抜き系ラーメン。作り置きのスープがなかったので、ごま油でにんにくのみじん切りと豚ひき肉をゆっくりと炒めて、創味シャンタン、甜麺醤、信州味噌、豆鼓醤、豆板醤、中華濃口醤油、自家製ラー油などを適当にブレンドして作った即席の中華風味噌スープ。茹でたもやしとズッキーニをのせて。

 

f:id:buchineko_okawari:20170615022025j:plain

即席なので淡白な味だったけど、麺がおいしかったので、それはそれという感じでいけた。そのうち、豚骨スープに挑戦してみたいとおもいます。

関係ありそうな過去記事

buchineko-okawari.hatenablog.com

buchineko-okawari.hatenablog.com

buchineko-okawari.hatenablog.com