都でこんなん食べました。&まとめ

 

551蓬莱の豚まんとか

え?京都じゃない?

551は大阪のお店だね。

北海道には無いから京都で初めて食べたよ。

f:id:tamayoshi:20151117195407j:plain

京都駅をうろついていると店名が数字のお店「551(←よめない)」に長蛇の列が並んでたから試しに買ってみたんだよ。

豚まん、甘酢団子、海老しゅうまいを購入。

さすがB級グルメの街大阪。うまーい。ごーごーいち。

帰りの飛行機でも551の袋を持ってる人がたくさんいたよ。

お土産の定番なのかな?

 f:id:tamayoshi:20151117213909j:plain

京都ビールも買ったよ。観光客っぽいでしょ?

どっちかのビールがおいしかったんだけど酔っぱらって忘れちゃった・・。

 

この日はホテルの部屋で551&京都ビール、千枚漬けも買ったよ。

こういうのも悪くないよね?

 

 

虎屋菓寮

羊羹でおなじみ、とらやがやってるカフェ。

とらやは東京のお土産だと思ってたけど、京都でできたお店なんだね。

f:id:tamayoshi:20151118081630j:plain

ほかにもいろんなカフェに行ったんだけど、ここがいちばん静かで落ち着く。

なにより中庭の眺めがよいのです。

 f:id:tamayoshi:20151117221607j:plain 

お抹茶は昔修学旅行で飲んで以来「おいしくないもの」と思って嫌厭していたけど。

おいしいんだね・・!

これ以降、寺でもカフェでも抹茶ばかり飲んであるいた。

 

にしんそば

ここは京都のにしんそば発祥のお店。

f:id:tamayoshi:20151118081815j:plain

定番中の定番のお店で食べたんだけど意外とすいていたよ。

定番だから味もきっと・・と思ったんだけどおいしいニシンだったよ。

 f:id:tamayoshi:20151118123252j:plain

 

にしんそばは北海道の名物でもあるよね。

なんでも昔は北海道で獲れたニシンを加工して、北前船で京都に運ばれてきたんだって。そこから京都名物になったらしいよ。

どさんこカメラも北海道では食べたことあるんだけど、

甘ったるくて脂っこいから正直あんまり好きじゃなかったんだ。

くどいから「おろしにしんそば」を頼んだんだけど、

うまーい。

全然くどくないよ。

北海道のよりあっさりしているのかな?サクサク食べられました。

京都に来てから苦手な食べ物が覆っていくのでした。

 

 

 

京都はおもしろい。

11月は京都激混みのシーズンだけど、紅葉見ごろの手前ということもあり、心配していたよりスムーズに運んだよ。ずっと雨だったけど、濡れた葉もきれい。

f:id:tamayoshi:20151118123610j:plain

京都の面白いところは観光地として完成されているところ。

寺院巡り、グルメ巡り、お土産巡り、何をしても基本的に楽しめる。

どの店をまわってもさっき見たものが売ってる、とか、名物はたいして旨くない・・ってのが観光地ではよくあるけど。京都は違ったよ。

北海道はアジア系の観光客が多いんだけど、京都はヨーロッパ系のひとばっかりなだったなぁ。 京都の人はみんな英語話せるの?英語で道案内している人をみたんだけど、さすがに3回も見るとね。

そんな感じで、良い意味で人も観光客慣れしているので、観光客としても楽な土地であります。

北海道とは歴史が違うので、その分観光地が多いのは言うまでもないしね。

まだまだ行きたいところはあったよ。

 

 観光名所ではなくても、北海道に無いもの、「狭い車道」「竹」やら「瓦屋根」などそこらのものでも新鮮。

名所ばかりでなく路地裏なんかも魅力的だから行ってみたいなぁ。

 

ちょっといい写真もとれたけど、それは自分へのお土産としてしまっておきましょう。

その反面、雨天やら暗闇やらでの撮影技術の低さが露呈した旅でもありました。

観光と撮影を両立させるのって難しくて、

写真を撮りまくった後に、ほんとはじっくり見たかったんじゃ?という気持ちがあったり、写真ばっかりとっていると実はあんまり目で見ることが記憶に残らないといった現象も起きるのでした。

時間の管理をしないといけなかったし、カメラを持たない人がいると気をつかっちゃうしね。 

f:id:tamayoshi:20151119075110j:plain

今度は時間に縛られず一人でじっくり歩きたいよ。京都。

 

 

dosanko-camera.hatenablog.com

dosanko-camera.hatenablog.com

 

 

 

f:id:buchineko_okawari:20170616013723j:plain

前回の記事の流れですが、ここのところ麺打ちにはまっています。基本的な道具はパスタマシンなのですが、とある筋から家庭用製麺機をお借りすることができて、家にあるうちに試せとばかりに、毎週末いろいろ麺を打ってみています。

家庭用製麺機について、詳しくはこのあたりの玉置さんの記事をご参照ください。

portal.nifty.com

自家製麺ブームが来ている最近のうちの、味付けのバリエーションを記録しておきます。

まいけるさん特製汁なし坦々麺

f:id:buchineko_okawari:20170525003820j:plain

最近、一押しなのが、まいけるさん(@__maicos__ )のレシピで作った汁なし坦々麺。詳しいレシピは以下をご参照ください。

sepio.tk

f:id:buchineko_okawari:20170525003750j:plain

最大のポイントであるタレは、ピーナツペーストが味の決め手ではないかと思う。濃厚ピリ辛で麺が進む味。

 

f:id:buchineko_okawari:20170525003805j:plain

トッピングのナッツは、クッキー用に買ってあったものをオーブンでローストして香ばしさを出しました。他のトッピングは、肉みそ、半熟味玉、青菜(本来はパクチー)と自家製の辣油など。

 

f:id:buchineko_okawari:20170525003834j:plain

これをぐるぐると混ぜて食べると、辛くて濃厚で香ばしくて最高!なのです。自家製麺だと小麦粉の旨みも加わってなおよし。

冷やし中華風まぜそば

f:id:buchineko_okawari:20170615022141j:plain

汁なし坦々麺のバリエーションがこちら。下に坦々麺のタレをしいて、自家製麺、鶏チャーシュー、野菜いろいろ(今回はトマトと茹でアスパラ)、半熟味玉、糸唐辛子をのせたもの。最後に自家製辣油をトッピングしてもいい。

スープを作らなくていいところと、麺なのに野菜がたくさん摂取できるところがよい。勝手に冷やし中華風まぜそばと呼んでいます。

 

f:id:buchineko_okawari:20170615022209j:plain

まぜそばなので混ぜて食べます。野菜があることをもってヘルシーと言っていいのか。食欲をそそる味付けで野菜も食べられるので、この先の暑い季節にもよさそうです。

鶏ラーメン

f:id:buchineko_okawari:20170615022126j:plain

割とスタンダードな鶏ラーメンも作りました。冷凍しておいた雉スープをベースに、鶏むね肉で作ったチャーシュー、半熟味玉、ほうれん草、海苔をトッピングにした、いわば習作。

buchineko-okawari.hatenablog.com

f:id:buchineko_okawari:20170615022156j:plain

家庭用製麺機で打った太めの麺がスープを吸っておいしいのでした。

中華味噌ラーメン

f:id:buchineko_okawari:20170615022010j:plain

さらに手抜き系ラーメン。作り置きのスープがなかったので、ごま油でにんにくのみじん切りと豚ひき肉をゆっくりと炒めて、創味シャンタン、甜麺醤、信州味噌、豆鼓醤、豆板醤、中華濃口醤油、自家製ラー油などを適当にブレンドして作った即席の中華風味噌スープ。茹でたもやしとズッキーニをのせて。

 

f:id:buchineko_okawari:20170615022025j:plain

即席なので淡白な味だったけど、麺がおいしかったので、それはそれという感じでいけた。そのうち、豚骨スープに挑戦してみたいとおもいます。

関係ありそうな過去記事

buchineko-okawari.hatenablog.com

buchineko-okawari.hatenablog.com

buchineko-okawari.hatenablog.com

 

年末年始だけmixi日記に戻した結果がこれだよ!!!
まぁ、「ひま」としか書いてないので、書こうが書くまいが変わらないんですけどねー><
あえて拾ってくると、ヒマでミク描いたとか
f:id:Akkiesoft:20090103111654j:image
社内Webのデザイン作ってみたとか、そんなもんです。
f:id:Akkiesoft:20090103111805j:image:w400
あと、年末に例のHDD(↓)を再修理してML115に内蔵したので、CentOSをインストールしてみました。
f:id:Akkiesoft:20090103111806j:image:w400
で、まだまっさら。壁紙は魔改造しましたサーセン><
f:id:Akkiesoft:20090103113017j:image

私の統合失調症の原因は、明らかにマンション上階から聞こえてくるようになった「騒音」だ。

 

自分の頭の上から騒音が聞こえてくる、というのは嫌な気分だ。

いや、それがたまに、どうということはない。

 

それが絶えず、ということになると、話は違ってくる。

いつ上から音が聞こえてくるか、といつもビクビクしてしまうのだ。

 

勿論、上階の騒音については手を尽くした。

自治会に相談する、とか直接言いにいく、とか。

 

だが、私が手を尽くしても全く問題は解決しなかった。

そこで私は音がするたびに、天井を棒で突く、という行動を取るようになる。

 

私は天井を棒で突く、という行動を取り始めたが

それがいいことだとは思っていなかった。

 

その良心の呵責、が恐怖感に繋がっていく

f:id:yume-oi:20160307202543j:plain

私はいつも恐怖感を背中に貼り付けて生きているようになった。

 

そして私は宗教への道にはいってしまった。

 

もともと友達にすすめられていた宗教だったが

藁にもすがる思いで入信してしまった。

 

それは手かざし、ということを売り物にしている宗教だったが

手かざしを受けることで、病気が治るという。

 

私は、時間に余裕があったせいもあり、毎日宗教施設へ行き

手かざしを受けていた。

 

ある日、頭の中に幻聴が聞こえた。

「私はあなたの守り神です」

 

この声を聞いた私は、宗教に入り込む

毎日手かざしを受けた。

 

そして、幻聴はいろいろな会話になっていった。

「青い色が欲しい」「ロウソクの火が消えた」

そんな声が頭の中に聞こえる。

 

幻聴を消すために手かざしを受ける。

すると幻聴がひどくなる。という悪循環だった。

 

そして、私は宗教を止める。

当然だが、幻聴は残ったままだった。

ついでに独語も始まった。

 

私の心は波間に漂う樹の葉のように、ゆらゆらと心細く揺れたが

耐えてた。耐えるしか方法がなかったから。

 

一人だったので、誰にもかばってもらえない。

私は、私の心を自分で抱えたまま、ただ耐えていた。

 

死にたいとは思わなかった。ただ、一日一日がすぎるのを耐えていた。

 

 

 

 

春先は多くの会社で大幅な人事異動のシーズン。

僕も今年は他の部署への異動が決まった。新しい仕事自体は決して窓際的だとか懲罰や左遷人事の対象となるような仕事ではない。

その方面でのキャリアを積んでいく上では貴重な体験となる仕事だ。

f:id:kun-maa:20170325150208j:plain

スポンサーリンク

しかし僕にとっては今更その仕事をやらされるのか...と思わざるをえないこれまでの経歴からいえば明らかに格下の仕事。どう考えても左遷だ。

人事が何を考えて僕にその仕事をやらせるつもりなのか、人事担当者からも現在の上司からも何の説明もないので知る術もないが、現在の職位も長くなったので年齢や経歴から、もしかしたらそろそろ昇任するのではないかという淡い期待を心に抱いていただけに心が折れた。

 

昨夜はヤケ酒気味にクラフトビールを飲み歩いたが、飲んでも飲んでも酔うことはできず、ビアバーの店員さんやお店で偶然知り合った人との普通の会話に少しだけ心が癒されたものの落ち込んだ気分は今も引きずっている。

 

これは憶測でしかないが、やはりうつ病治療が続いていることが要因にあるのではないかと思っている。それほど忙しくはない現在の職場で4年間勤務している間にうつが寛解していればまた違った方向に進めたのかもしれない。

通常であれば2年サイクル程度で異動させられる現在の職場に、温情人事で4年間置いてくれたにもかかわらず、その間にうつ病を治せなかったことで格上の重要な仕事を任せることはできないと判断されたのだろう。

 

ここのところしばらくは調子も良くて気分の落ち込みなど仕事に影響が出るような状態はなかったのだが、それでも投薬量が変わらない現状に少しずつ焦りを感じていたことは確かだ。

それでも本当に辛かった時に救ってくれた主治医の判断なので信じて通院している。治ったという判断を得られないのだからまだまだ問題があるのだろう。

自分でもそう思うのだから人事担当部署が不安に感じても仕方がない。

 

それでも同期の連中がどんどん偉くなっていくのを横目に自分だけが左遷されるのか...という気持ちは否めず、自分の感情を誤魔化しきれない。

やはり一度精神的に潰れた者は余程のことがなければ組織で上に行くのは難しいのかも知れないな...などと僻み根性丸出しで嫉妬心の塊のように鬱々とした気分に囚われたりもしている。

 

おそらくこの気持ちはそう簡単には消えないだろう。自分の中の嫌らしい部分をまざまざと見せつけられて、自分ってつくづく醜い奴だなとは思うのだけれど。

たとえ職位が上がらなくても、異動先の仕事が自分の今後のキャリア上プラスになるとは思えなくても、それでもこの組織の中でやっていこうと決めたのだから泣き言ばかり言っていないで気分を入れ替えてしっかりと働こうと思う。

もちろん病気の治療にもしっかりと取り組もう。

 

この人事で僕の会社組織での先が見えてしまったことは否定できない事実。それはそれでかなり辛いのだがその事実を受け止めた上で無理な背伸びはせず、目の前の仕事にしっかりと取り組み、健康に気をつけてやっていこう。

時々は昨夜みたいに劣等感と悔しさに囚われダークサイドに堕ちることもあるだろうけど、それでも負けずにやっていこうと今このエントリを書きながら少しずつ気持ちが整理できてきた。

 

もやもやと暗黒面に落ちて呪いの言葉を吐いているよりも、書き出すことで気持ちの整理がつくことも多い。これぞブログセラピーの力。 

左遷論 - 組織の論理、個人の心理 (中公新書)

左遷論 - 組織の論理、個人の心理 (中公新書)

  • 作者: 楠木新
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2016/02/24
  • メディア: 新書
  • この商品を含むブログ (3件) を見る
 
スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly

佐原と車。

2018/07/03

f:id:hibi-mae:20170128153929j:plain

車は所有していないしあまり関心もないんだけど、この佐原に止まっていたオープンカーにはすごく目を引いた。

 

持ち主はなんか素敵なお姉さま。レンタカーでこの地に訪れた俺と比べたらなんか色々と雲泥の差だ。

K-POP・KARA“脱退報道”のニコルに、新グループ結成の動き「KARAと同じような5人組が……?」 - 芸能 - 最新ニュース一覧 - 楽天woman: 一部報道では解散説もささやかれるが、さらに「ニコルをセンターに新グループ結成の動きがある」と、韓国の雑誌記者が話している。
「いま動いているのは、やり手として知られるニコルの母親と長い付き合いのあるメディア関係者です。ニコルの母親は、かねてから待遇面で不満を抱いていて、3年前、ニコルとスンヨン、ジヨンのメンバー3人が所属事務所との契約無効を求める騒動が起きたのも、ニコルの母親がそのメディア関係者に相談し、契約金40億ウォン(約3億円)で3人を独立させようとしたためでした」(同)

本日は本業がお休みなので、

 

株価をチェックしながら

 

coconaraのご依頼をイラストレーターで作成中です!

 

1件目のご依頼は終わりクローズしたので2件目のご依頼に取り掛かって居ます( ´ ▽ ` )

 

f:id:wakawakamomomomo:20170807111257p:plain

 

 

 

1件目のご依頼者様からありがたいコメントと、5つ☆いただいちゃいました!!♪( ´θ`)ノイエェーイ

 

f:id:wakawakamomomomo:20170807112628p:plain

 

 

 

 

突然ですが!!!

 

 

副業の作業風景を公開しちゃいます!!

 

 

こんな感じでやってま〜す♪( ´θ`)ノ

 

 

ジャ〜ン!

f:id:wakawakamomomomo:20170807111528j:plain

部屋掃除しなきゃ・・・。(⌒-⌒; )

 

右がIllustratorの作業用のWindowsで、

 

左がメインのmacbookです!

 

 

目標目指して頑張ろう!♪( ´θ`)ノ

正直に言うと、亀井にやられた時はもう負けたと思いました。

どうもこんにちは、ロキです。

 

序盤は緊迫した投手戦で進み、終盤に一気に試合が動く展開の1点差ゲーム。フラットなファンから観ても見応えのある良い試合だったのではないかと思いますし、勝った阪神ファンからすれば尚更ですね。素晴らしい勝ち方だったと思います。

 

今日は能見さんが良かったですね。立ち上がりからテンポの良いストライク先行の投球ができていましたし、両コーナーへの制球もしっかりしていました。変化球もチェンジアップの抜けが良く、空振りが取れていましたしね。球審がゾーン広めの傾向にある吉本だったことも手伝って、6回まではほぼ完璧な内容だったと思います(ピンチが無かったわけではありませんが)。

7回には巨人打線に捉えられてしまい勝ち投手こそ逃しましたが、内容は今シーズンの先発陣の中で1番でした(次点が秋山ですね)。もうちょっとリードが大きければ、7回に点を取られた後もまだもう少し続投はできたかと思いますが、そこは仕方無かったですね。相手の大竹も良かったですから。能見さんにはこれからも今日のような6回まで確実に試合を作る投球を期待したいですね。年齢もありますから、無理はしないように。

 

リリーフ陣も良い内容だったと思います。桑原は亀井に勝ち越し打を打たれてしまいましたが、打たれた球もそこまで悪くは無かったと思います。146km/hの膝元のストレートでしたが、代打の初球であれを捉えた亀井を褒めるべきではないかと。その前の2者連続三振は素晴らしかったですしね。

続くマテオとドリスも、3者凡退ではありませんでしたがしっかり0を並べてくれました。この2人が安定しているのはチームにとっては大きいですよね。

代打亀井の場面は、対左に強いリリーフがいればワンポイントで継投させるべきところだったとは思いますが、現状のブルペン陣を見ると難しい判断ですね。高橋は特に対左に強いタイプでは無い上に(むしろ対右の方が良いです)登板過多気味ですし、岩崎は信頼度がまだそこまで無いでしょうから。最近状態の良い桑原に任せようという判断だったのだと思います(結果は良くありませんでしたけどね)。

 

打線の方は6安打とそこまで打つことができませんでしたが、この試合に関しては大竹が良かったと言うべきでしょう。両コーナーに正確に投げ分ける彼らしい投球でした。上述したようにゾーンが広めだったこともあり、打ち崩すことは難しかったと思います。

そんな中でも点を奪って勝つことができたというのは、チームにとって非常に大きいと思いますね。中軸以外の、いわゆる伏兵の1発で勝つ試合というのは、近年の阪神では珍しい勝ち方ですよね。

特に北條の2本のホームランはどちらも素晴らしいものでした(もちろん決勝ホームランの上本も素晴らしいのですよ)。1本目は、好調な投球を続けていた大竹のほとんどない失投を1球で仕留めた、2本目は内角のシュートをうまく肘を畳んで捌いたホームランでした(高校の先輩の坂本のような見事な捌き方でしたね)。どちらも追い込まれた後の1撃だということがすごいですね。北條は開幕から打撃の状態が今ひとつでしたが、これをきっかけに上がってくると良いですね。

 

カードの頭を落とした甲子園での対巨人3連戦でしたが、最後は良い勝ち方でなんとか5分に戻すことができました。来週はまず、移動日を挟んで敵地で横浜との3連戦が待っています。初戦はおそらく藤浪でしょう。前回の投球からすると少し、いや、かなり心配ですが、香田コーチとフォームの修正を行っているという報道も出ていましたから、その成果をみせて欲しいですね。彼本来の投球さえできれば、自然と勝ちはついてくるはずですからね。

 

 

最後まで読んでくださった方ありがとうございます

興味がありましたら、他の記事にも目を通していただけると嬉しいです。

それでは今回はこれにて失礼いたします。

伊達巻(´・ω・`)

f:id:ninosan:20161230191013j:plain

例のフードプロセッサーではんぺん120g(60+60)をチョップし、卵5個、砂糖20g、しょうゆ20g、みりん20ml、ほんだし少々を入れてさらにレバーを回しまくる。

数年前、「ざる」にはんぺんを一生懸命押しつけて裏ごししてた時はあまりの苦労に泣きそうになったものだが今回は超楽にはんぺんの残骸が消え失せた。すげえなフードプロセッサー。

手も一切汚れていない。これをクッキングシートを引いた角皿に流し込んで200度に予熱したオーブンレンジで15分。「型」を使う場合は生地に厚みが出るのでわずかに時間を延ばした方が良いかもしれない。しかしこれで600円とか700円取るのはボッタですな。

f:id:ninosan:20161230191020j:plain

熱いうちに巻く。「まきす」なんてないので新聞紙の上にラップを引いて巻いた。
食べるのは夜が明けてから。

パズドラ

三国志の神Part 2ゴッドフェスPart 1(ややこしい)
Part 1で8回くらい引く予定。2017年の瞬間にさらに1回の予定。